六本松421

2017.9.26

ROPPONMATSU421

SJR ROPPONMATSU

六本松421イラスト

いつもとはじめてが出会うまち。

毎日の暮らしの彩りは、 ちょっとしたアクセントで見違えるように輝き出す。
お気に入りのマグカップを見つけたり、
好きな色の花を飾ったり、
旬の野菜をたっぷり使ったサラダを作ってみたり。
ひとつひとつはささやかなお買い物。
そのひとつひとつは小さな発見。
それが、私たちの暮らしを心地よく照らしてくれている。
昨日より、今日。上質な暮らしが、そこにあります。

まちづくりへの想い

旧制福岡高等学校、九州大学時代より六本松が擁する学生街としてのあたたかさ、親しみやすさに新たな要素を加えることにより、お子さまからお年寄りまで幅広い層のお客さまにより親しんでいただけるような一つの“まち”の形成を目指したいと考えました。

マンション、商業施設、住宅型有料老人ホームなど、JR九州グループがこれまでの開発事業で培ってきたノウハウの結集に加え、科学館や法科大学院などの新たな学びの機能、魅力的なテナントのラインナップにより、六本松の“まち”全体がより輝きを増し、
この“まち”に住む人、働く人、学ぶ人、訪れる人がつながり、交流できるような“まち”と
なることを願っています。

  

六本松の歴史

 
江戸期
六本松の地名は、かつて福岡城を目指す人々の目印であった六本の松を由来としており、古くより交通の要衝として300年以上前から栄え、武士や町人たちが行き交う場所であったといわれています。
 
 
 
1900年代初頭
その後、福岡城址を傍にしたこの六本松の地に、旧制福岡高等学校が1921年(大正10年)に設立され、後に九州大学・六本松キャンパスへと変遷。以後88年に渡って、学びの街としての歴史を紡ぎ、希望に溢れる若者達の活気で賑わう街として栄えてきました。
 
 
2014年
2014年にJR九州グループにより「六本松キャンパス跡地」の開発を計画。
 

福岡県福岡市中央区六本松4丁目2-1

  • 地下鉄七隈線 六本松駅すぐ
  • 西鉄バス 六本松バス停下車
  • 駐車場 188台
  • 駐輪場 429台

おかげさまで大変多くのお客さまにお越しいただいております。
六本松421へは、できるだけ公共交通機関でお越しくださいますようご協力をお願いいたします。